ホーム > Dimple Staff Blog > > 外ハネボブの巻き方講座
Dimple Staff Blog

外ハネボブの巻き方講座

皆さんこんにちは、鈴木ですbud

 

最近多い『外ハネボブ』や『切りっぱなしスタイル』shine

どうやったらいい感じにアイロンで巻けるのか、よく聞かれます。

今日はアイロンのやり方を簡単に説明したいと思いますflair

201904041.JPG

ボブの場合、ストレートアイロンやカールアイロンを使い分ける事がポイントになりますpencil

カールアイロンはできれば26.5㎜くらいがベストです!

(太すぎるとやけどしやすくなったり、うまく巻きにくかったりします)

カールアイロンのDimpleおすすめアイロンはこちら!

 

201904043.jpg201904042.jpg

ヘアビューロン 2dplusと3dplus です。

違いは3dplusの方がより傷みにくいです。

(2dplusでも効果はありますよ!)

お店で販売していますので気になる方は是非お声がけ下さいhappy01

 

 

また、巻く前にベース剤やオイル系スタイリング剤をつけるとダメージを防げます!flair

enu.JPG

そして面倒でも、きちんとブロッキングすること!danger

(100均で売っているダックカールやクリップで上下を分けて巻くとやりやすいです)

 

①こめかみから上の髪をクリップやピンで軽くとめておきます。

②こめかみより下の髪の毛先を、ストレートアイロンで外ハネにします(軽くスルーする感じでOK)

③上にとめておいた髪の毛先をすべてカールアイロンでワンカールします(内巻きでOK)

④顔周りの毛束(軽くつまめる程度)を取り、中間部分だけを外巻きにします。

(毛先はもう巻いてあるので、中間部分のみでOK。イメージは聖子ちゃん)

⑤他の表面の毛束もつまんで中間部分をランダムに巻いていきます

(巻くというよりは中間部分を曲げるくらいの感覚で大丈夫です)

⑥巻き終わったら、もう一度ヘアオイルや、スタイリング剤を、

巻いたところ中心に薄くつけていきます。

(下から握ったり、手で髪を払うようにつけると形を崩さずにつけられます)

※この時、手ぐしでとかすようにしてしまうとペタンコになってしまいます。

⑦最後に、顔周りの毛を少し残して耳にかけたり、

分け目を少し変えてジグザグに分けてトップにボリュームを出したりして完成!heart04

このまま耳下で結んでも雰囲気のあるアレンジになりますよsmile

 

ぜひ頑張って練習してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伸ばしかけでもスタイリング次第で辛い時期を乗り越えられます

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hairmake-dimple.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/944

PAGE TOP